こんにちは!
火災保険請求サポートの株式会社オーシャンです。

株式会社オーシャンはこれまでに1300例を超える火災保険請求サポートの実績がございます。

建物の種類は一戸建て・アパート、ビル・マンション、工場・倉庫など様々です。

今回の記事ではこれまで株式会社オーシャンがコンサルティングしてきた工場の実例をご紹介いたします。

もしかしたら「そんな損傷も請求できるの?」という被害もあるかもしれません。

雨どい、屋根、窓、フェンス、物置、シャッター、、、壊れたままにしている箇所などにお心当たりある方に見ていただきたいです!

是非ご覧ください。

Y市E工場

工場コンサルティング実例

保険金入金額合計 ¥5,905,999

大雪被害

工場コンサルティング実例
工場コンサルティング実例

雨樋に積雪の重みによる歪みや開きがみられます。
雪での被害は屋根や雨どいに多く見られます。

台風被害

工場コンサルティング実例

屋上の採光窓に台風時の飛来物による破損がみられました。

工場コンサルティング実例

窓ガラスにも台風時の飛来物による破損がみられました。
台風による被害は暴風雨による建物の損傷もありますがこのように飛来物による損傷も火災保険の請求対象となります。

第三者被害

工場コンサルティング実例

搬入口のシャッターボックスが納入車両により破損しています。

工場コンサルティング実例

エントランスゲートにも納入車両による破損がありました。
このように第三者(納入車両)による破損も火災保険で保障されています。

他 工場コンサルティング実例

K県E市 E工場

工場コンサルティング実例

保険金入金額 ¥4,779,485

F県K市 S工場

工場コンサルティング実例

保険金入金額 ¥3,504,217

K県Y市 B工場

工場コンサルティング実例

保険金入金額 ¥1,680,376

K県Y市 S工場

工場コンサルティング実例

保険金入金額 ¥1,437,939

いかがでしたでしょうか?

工場や倉庫に何かしらの損傷があり、そのままにされている場合は火災保険の請求を特にお勧めいたします。

その際には是非株式会社オーシャンへご依頼くださいませ。

建物のプロが損傷について
・経年劣化によるものか
・火災保険の請求対象なのか
などを調査いたします。

もしかしたらオーナー様が気づいていない請求可能な損傷もあるかもしれません。

雨どい、屋根、窓、フェンス、物置、シャッターなど壊れたままにしている箇所などお心当たりはございませんか?

皆様の最善の火災保険請求をサポートいたします!
皆様からのお問い合わせ、ご依頼をお待ちしております。

・入っている火災保険の内容がわからない
・建物が保険金のでる対象なのかわからない
▶お気軽にご相談ください。

・建物に損害があるのかわからない
・損傷部分が建物の老朽化なのか損害なのかわからない
・損害がいつのものか・原因がわからない
▶
調査いたします。

・保険会社への請求方法がわからない
▶丁寧にご説明します。

コンサルティング実績1300例のプロが対応いたします。


わたしたち株式会社オーシャンは火災保険に入っている建物で、請求可能な損害(台風・大雪・第三者・地震)を調査し、お客様が加入されている保険会社への請求のコンサルティングをおこなっております。

●相談無料

●調査・見積無料(ご依頼をいただくことが前提です。無責※の場合は無料となります。)

※無責…保険会社から保険金の支払いに至らなかった場合。

手数料としておりた保険金の総額から35%+消費税を頂戴しております。(一都三県の場合)
保険金がおりなかった場合は調査費用などの請求は一切ございません。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 052-684-5776 受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日除く)